小売物流

競争の激しい小売業界において、倉庫管理コストや在庫コスト、配送コストの削減は非常に大きな課題です。
サン インテルネットは独自の手法でローコスト化のサポートをしています。
現在、地域の食品スーパーチェーン3社向けに共同物流センターを運営し、共同在庫システムや、4温度帯一括配送などを導入。ローコストオペレーションは勿論のこと様々な提案によりサン インテルネットならではの付加価値を提供しています。

共同物流センターの強み

共同物流センターの強み

  • 共同在庫システムにより購買ロットが拡大し、商品仕入れ原価低減
  • サン インテルネット構築のWMSによる複数チェーンの在庫・発注情報の一元管理
  • 複数チェーンの共同配送を実施することで日々の波動に対して柔軟な配車が可能

ローコストオペレーションの追求

ローコストオペレーションの追求

  • 4温度帯一括配送(常温・冷凍・冷蔵・パーシャル)の構築によるローコストオペレーションの実現
  • 多品種少量化に対応した仕分けシステムDAS(デジタルアソートシステム)導入による生産性と精度の向上
  • 店舗からの発注データを元に最適な配送車両台数を判断する配車システム

店舗の負担軽減・販売支援

店舗の負担軽減・販売支援

  • 店舗別、温度帯別、カテゴリ別、通路別納品の実施による店舗の品出し負担軽減
  • 店舗での検品レス、納品書レスを実現することで店舗の工数削減
  • 物流センターでの多種多様なクロスドッキング機能
    (青果、精肉、加工食品、冷凍食品、日配品、酒類)

物流イメージ

物流イメージ