センター長としての責任の重さが、仕事のやりがいになる

新卒で入社し、現場での勤務を経てから2018年10月に厚木第三センターのセンター長になりました。厚木第三センターでは、食品や日用品の出荷・配送を行っています。センターの管理は物量や人の管理、収支管理、設備管理以外に安全面の管理もあります。洗浄機械に流し込む大型の機械を扱っているので、事故が起きないように気を遣っています。責任は重いですが、自分の裁量が大きくなったため、やりがいはとてもあります。

2010年入社
新卒採用

小島 理裕

KOJIMA MASAHIRO
PROFILE

新しいチャレンジ

大学院で生物・遺伝子工学の研究をしていました。研究は学生時代にやり切ったので、就職は全く別の業界にしようと決めていました。

サンインテルネットを選んだ理由

大勢で仕事をするからこそ、大きなやりがいがある

食品関係の仕事を探して求人サイトを眺めていたところ、物流の仕組みを知りたいと思うようになりました。物流は大勢の人が関わって仕事が成り立ちます。いろんな人と関わる大変さもあるけど、その分きっとやりがいも大きいだろうと思いました。また、決まったことをやり続けるより、なんでもチャレンジできる環境が好きなので、サン インテルネットの社風が自分には合うと思いました。

わたしの仕事ルール

どんな小さな不でも、絶対にそのままにはしない

コード7の「日々改善。日々進化」を大切にしています。現場のスタッフさんと話して、困っていることがあればすぐに改善。自分から話しかけることで、小さな不でもスピーディーに解消しています。改善を繰り返して、みんなにとって働きやすい職場にするのが私の役目ですから。

休日の過ごし方

子どもの成長をしっかり見守れる

休日は1歳5ヶ月の娘と一緒に遊んでいます。家族3人で出かけることも多いですね。土日は完全にお休みだから、オンオフをしっかり分けられるのが嬉しいです。

エントリーはこちらから