物流センター運営

改善を継続する

最適な管理で運用するプロフェッショナル

物流センターの運営は、サンインテルネットが提供する3PL(※)ソリューションの基盤です。お客様のビジネスを成功に導くために最適な物流センターの選定から、庫内作業運営、配送管理に至るまで、一貫した運営を行います。KPI(重要業績評価指標)を中心とした日々の物流データにも基づき、継続的な品質とコストの改善提案、各種流通加工などお客様の物流業務のあらゆるシーンを物流センターでサポートしています。

物流センター運営スタッフの1日

物流センター運営における1日の仕事の流れをご紹介します

  • 8:00

    出社・確認作業

    出社後は、前日までのモノと人の状況をしっかりと確認します。従業員(パート・アルバイトを含む)の勤怠管理、入出荷、倉庫の温度など、前日までの動きを把握することで、一日の作業内容を改めて確認します。

  • 9:00

    朝礼

    朝礼では、当日の出荷予定や共有事項、注意事項について当日のメンバーと確認をします。各現場のリーダーと1日の流れを現場朝礼で打合せを行ったりもします。

  • 9:30

    事務作業

    午前中は訪問の予定等がなければ、事務所内で、お客様との定例会に向けた提案の資料作成を行います。継続的な改善提案を行っているので、簡易的なものから、しっかりと準備に時間をかけるものがあります。

  • 11:00

    お客様との打ち合わせ

    ご訪問したり、ご来社頂いたりしながら、お客様との打合せを行っています。月1~2回は都内に行って打合せをします。継続的なお付き合いをしているお客様が多く、打合せはスムーズに進みます。

  • 12:00

    ランチ

    お昼は、人によって時間の使い方が異なりますが、仕出し弁当や社外にランチをしにいったりします。外で買ってきた食事を社内でする人も多く、ランチの時間は和気あいあいとした雰囲気です。

  • 13:00

    現場周り

    現場を周ることも重要な仕事のひとつです。現場で問題がないかをチェックすることはもちろんのこと、従業員とのコミュニケーションをはかることで、問題が大きくなる前に解決することに繋がります。1日3回程度、現場を周りますが、物量が多いときは現場の手伝いもします。

  • 16:00

    会議

    サンインテルネットでは、常に課題解決に向けて迅速に動くことが重要視されているので、改善のための会議も頻繁に実施されます。定例会議もあるため、会議に向けての準備を上司と話し合いを行うことも多くあります。

  • 17:00

    退勤

働き方へのポリシー

「Sun Sunコミュニケーション」

この仕事で最も重要なことは、コミュニケーションを取ることです。 センター内では、たくさんの人が自分の役割をしっかりと果たすことで、スムーズなセンターを実現しています。新しい改善や問題の発見は、いつのときも人を通して見つけることができます。 常に周りの人たちがリラックスして話せるように、普段から声がけをして、しっかりと相手の立場にたって話を聞くこと、分かりやすく話すこと、困っている人に気付いてあげること、そういったことを徹底することが、素晴らしい成果を出す物流センターを実現することに繋がると感がています。

主な仕事内容

[医薬品物流]
医薬品専門倉庫の開発から、ミスの無い庫内作業、医薬品専門車両による輸配送まで、厳格な管理が必要な医薬品物流において、ワンストップサービスを提供しています。

[小売物流]
競争の激しい小売業界、ローコストオペレーションはもちろんのこと、様々な提案により、サンインテルネットならではの付加価値を提供しています。

[ネット通販物流]
多くのネット通販物流構築実績に基づき、それぞれのサイト特性に合わせたオーダーメイドのネット通販物流を提案しています。

[メーカー物流]
工場内・工場外物流の運営、デポ・顧客への配送管理の構築を通して、メーカーが商品開発・生産に経営資源を集中できるようサポートしています。

スタッフ紹介

この仕事で活躍する仲間をご紹介します

エントリーはこちらから