3PLコンサルティング

新たに創り上げる

常に物流を進化させるプロフェッショナル

クライアントのご要望に合わせ、最適な物流ソリューションを構築して提供しています。 物流倉庫の開発、物流センター業務の設計・運営、輸配送業務の構築、輸出入物流への対応と、3PLに関するすべてのタスクをワンストップで提案でき、お客様に合ったオーダーメイドの物流ソリューションを提供しています。数多くの倉庫、作業スタッフ、配送車両という物流アセットを展開するサンインテルネットならではの強みです。

3PLコンサルタントの1日

3PLコンサルティングにおける1日の仕事の流れをご紹介します

  • 8:45

    出社

    出社後は、9時の始業までにメールチェックを行い、朝礼に参加。その後、当日のスケジュールを確認した上で、訪問の準備を行います。資料等の準備は前日までに終わらせておき、当日は確認してお客様のオフィスにお伺いします。

  • 10:00

    訪問・お打合せ

    物流でお困りのお客様より相談を受けて、新しい物流センターの立ち上げを行い、物流の効率化の提案を行います。お客様の期待を超えるご提案を常に目指しているので、一緒に仕事をしていくうちにしっかりと信頼関係を築いていけます。

  • 12:00

    ランチ

    お昼は、外食が多く、訪問先や現場近くのファミレスで取ります。社内での資料作成がメインの日には、同じ部署の仲間と一緒にランチもします。

  • 14:00

    新規開拓(テレアポ)

    基本的にはルーティーンの仕事はなく、新規の顧客開拓も工夫して行います。テレアポを実施して、物流に課題を持っているお客様に対して、ご提案の機会をいただくことも少なくありません。

  • 15:00

    新規事業開発

    物流というくくりに因われない仕事をしているため、新しい事業開発も行います。部内の風通しもよく、しっかりと計画を立てれば、会社が全面的にバックアップしてくれるので、すぐに行動に移すことができます。

  • 16:00

    資料作成

    お客様への提案資料はもちろんのこと、現場の設計資料や労務管理、採用も行っているので、まとまった時間をつくって効率的に資料作成を行います。

  • 18:00

    退勤

働き方へのポリシー

「意思あれば道は拓ける」

新規のお取引や事業は、すぐに成果に繋がるものばかりではありません。 数多くの課題を乗り越えて、ようやく成果を手に入れることができます。そのためには、成果に繋がるまで情熱を絶やさず、上司や現場の仲間を巻き込みながら、必ず実現するという強い意思が必要です。目先のことだけに囚われず、未来を見据えて道を切り拓いていくことが大切です。

主な仕事内容

オーダーメイドの物流ソリューションを提供するため、当社の持つ実績とノウハウのすべてを活用する仕事です。また、新しい技術やノウハウを積極的に取り込み、全社的に改善と革新を続けています。不動産開発・賃貸、痛感・保税、保管・荷役・品質管理、情報サービス・システム構築、輸配送、流通加工など、各事業部と連携して、トータルソリューションを提供します。

スタッフ紹介

この仕事で活躍する仲間をご紹介します

エントリーはこちらから